犬の歯磨きのやり方やポイントを押さえておこう

犬の歯磨きをしたいと思っているけれども、なかなか思うように磨かせてくれずに困っているという飼い主も多いかもしれません。
虫歯にはなりにくいのですが、実は歯周病になりやすいとされていて、3歳以上の80%は歯周病にかかっていると言われています。
人間よりも歯周病になりやすいということが分かるでしょう。
歯周病を予防するためにも、歯を磨くとことは何よりも重要です。

犬の歯磨きのやり方6つのステップ

犬の歯磨きのやり方としては、六つのステップに分かれています。
しっかりと段階を踏んで適切に行っていくことが大切です。

口元にタッチする

まず最初に行うことは口元にタッチすることです。
突然口元に触るのは難しいため、慣れることが大切です。
だんだんと口元を触られることに抵抗がなくなってくるので、その次にご褒美を見せながらマテをさせて、口元にタッチをさせて行きます。
もしも上手に触らせてくれるようであればご褒美をあげるようにします。
十分に慣れることができたら次の段階に進みます。

唇をめくる

二つ目は唇をめくることです。
触られることに慣れたら待ての状態のまま反対の手で唇をそっとめくっていきましょう。
上手に出来たら褒めてご褒美を与え、少しずつめくる時間を長くしていきます。
抵抗なく自由に触らせてくれるようになったら次の段階に進んでいきます。

歯ブラシを好きにさせる

次は歯ブラシを好きにさせる方法です。
特別好きなものを用意したら、片手で歯ブラシを持って、同じ手にご褒美のものを握ります。
歯ブラシを見せてそれを見たらすぐにご褒美をあげましょう。
歯ブラシの時にだけそのご褒美をあげるようにすることで、歯ブラシを好きになることができます。
もしも見せて犬が喜んで来たら見つめの段階は終わりです。

歯ブラシを見せながら唇をめくっていく

四つ目の段階としては、歯ブラシを見せながら唇をめくっていきます。
できたらすぐに褒めてご褒美をあげ、少しずつ時間を延ばしていきます。
全ての歯を抵抗なく見せることができるまで練習を続けていくのです。

歯ブラシをいよいよ口に入れて行く

そして5段階目には歯ブラシをいよいよ口に入れて行きます。
ペーストを歯ブラシに塗ったら外歯と歯茎の間に当てていきましょう。
すぐにご褒美をあげて、当てる場所を変えて繰り返していきます。

歯ブラシで優しく磨いていく

ここまで来たら成功は目の前です。
歯ブラシで優しく磨いていき、最初は一箇所磨くたびにご褒美をあげて行きます。
少しずつ時間を延ばして全体を見かけるようになるまで練習します。

犬の歯磨きのポイント

犬の歯磨きはステップがあることがわかりますが、ポイントを押さえながら進めていくことも重要です。

ご褒美を使って楽しく練習をしていく

そのポイントの一つは、何と言ってもご褒美を使って楽しく練習をしていくことです。
これは人間にも言えることですが、どのようなトレーニングでもご褒美があるから頑張れるものです。
トレーニングの目的は歯を磨くことではなく、歯を磨くことを受け入れてもらうことです。
試練の時間や苦痛の時間ととらえるのではなく、ご褒美を貰える楽しい時間にしていくことが何よりも重要です。
このようなステップを踏んで慣れさせていくことによって、多くは問題なく受け入れてくれるようになるでしょう。

落ち着いている時に練習をする

そして落ち着いている時に練習をすることも大切なポイントです。
多くの犬は遊びたい気持ちがあるので、散歩や遊びで発散させた上で、気持ちが落ち着いた状態で始めるようにしましょう。
もしも歯ブラシを噛みそうになった場合にはすぐに取り上げて、噛み癖をつけないように気をつけましょう。
噛むことにより当たった部分の歯石を取ることは可能ですが、大部分は歯を磨かなければなりません。
噛もうとするようになってしまうと、しっかりと磨くことは難しくなってしまいます。

嫌がるまで続けてはならない

三つ目には嫌がるまで続けてはならないことを覚えておきましょう。
無理に押さえつけて行なったり、嫌がるのにも関わらず続けていくようであれば、嫌になってしまいます。
嫌がる前にやめることを心がけます。
嫌がってからやめた場合には、嫌がればやめてもらえると勘違いしてしまいます。
深追いするのではなく、明日にしようと気長に構えることが重要です。
嫌がる素振りがあれば、いきなり口の中に入れていないか、飼い主が怒っていないか、乾いた歯ブラシを使っていないかなどに十分に注意しましょう。
場合によっては当て方が痛いというケースも見られます。
もしも当てはまるようなことがあれば改善していくことが大切です。

嫌がった時にご褒美を与えてはならない

四つ目には嫌がった時にご褒美を与えてはならないということです。
万が一嫌がった場合には、嫌がらずに出来たところまで戻って、成功してからあげるようにしましょう。

痛みがある時には絶対に行ってはならない

最後に痛みがある時には絶対に行ってはならないことです。
軽く当てているのにも関わらず痛がったり、出血しているような状態であれば、歯周病の症状が進んでいる可能性も考えられます。
このような状態の場合には、動物病院に相談することが一番です。
歯が抜け替わる時期は特に敏感になっているため、痛みを強く感じるようになっているので十分な注意が必要です。
犬も飼い主もともに楽しんでトレーニングをしていくことが大切です。

 

参照元:犬の歯磨き、しないとどうなる?具体的なやり方や頻度について解説