今後畑先生のような日本の女性政治家は増える可能性があります

2021年現在、まだ日本には女性の総理大臣は誕生していませんが、世界で見ると国のトップがウーマンであることは珍しくなくなってきています。
ドイツで大人気を博したメルケル氏が特に分かりやすく、日本よりは緩いとはいえ男性の方が政治に向いていると思われがちなドイツの中において、女性がトップに立っても問題なく国が運営されることを実績で証明した、日本の歴史の教科書に載ってもおかしくないほどの活躍をした人物として知られています。
他にもニュージーランドではアーダーン氏が、コロナ禍で国民の不満を和らげつつ感染の爆発的な増加を抑えることに成功したなど、女性政治家の活躍が顕著に世界では表れるようになってきているのです。
男性に比べて女性の方が政治家として資質に乏しいといった、古い考え方をしていた老人達にとって想像していなかった現状が今後も続くことが予想されています。

こちらも参考・・・畑恵はどんな人?~キャスター、政治家、教育者へ~

日本では女性が活躍しづらいというのは間違い

世界中で女性政治家が持ち前の手腕を発揮する中、日本は女性の政界進出が遅れているのではないかという意見もありますが、日本では女の人だからといって活躍しづらいというのは大きな間違いでありむしろ女性が自由に意見を述べられる環境は整っています。
国によっては女性の人権が十分に守られておらず、外出する際には女子や婦人のみが顔を隠さなければいけなかったり、職業選択の自由が認められていないような国も残念なことに今の時代においてもまだ存在しています。
日本は性別に関係なく表現の自由が認められていますし、女性が自身や周囲の環境を変えたいと声を上げたところで封殺されるようなことはまずありません。
SNSで若者からご年配まで、どんな女性であっても自由に発言が出来ている現状がその証明になっています。
発言には責任が付きまとうとはいえ、女だからという理由で自由に声を上げられない、表現の自由が奪われているなどの問題が日本においては発生していないということなのです。
つまり日本は女の人が活躍しやすい環境をしっかりと整えている先進国の一つだと言え、日本国籍を有しているようであれば誰であろうと女性政治家を目指すことが可能となっています。
選挙に出て当選するか否かはまた別の問題ですが、その気になれば市議選や町議選などに女性が立候補することは容易だということなのです。
これは日本にとってかなり大きなメリットであると言えます。

女性政治家が増えると女性にとって暮らしやすい環境が整いやすくなる

女性の支持者からの声を受けて、男性政治家が新しい法案を提出したり市区町村でのみで適応される家庭支援の政策が実施されるようなことは、過去に何度も行われてきました。
つまり世の中のお母さんや働く女性の声を受けて、実際に動いてくれるような男性政治家は非常に多いということなのですが、どうしても性別の壁から女性が本当に困っていることにまで気が付かないような男性の政治家が少なくないという現状もあります。
一方で女性政治家が増えると、自身の体験から来る苦労や、本当に親身になって接している同姓の困り事などを解決する政策を講じやすいという傾向があります。
たとえ自身が体験していない事柄であっても、同姓だからこその想像力が働きやすいからです。
男性ばかりで政が行われているような地域で女性の政治家が増えた場合には、以前よりも女の人が暮らしやすくなるような環境整備が整えられる可能性が高いということなので、特に子供がいる家庭のお母さんにとって大きな利点になりやすくなっています。
だからこそ政治家になることを、または市議や町長などを志す女性に対して、婦人会がサポートに回ることが少なくないのです。

これから日本は女性政治家が増えていく可能性が高い

政治家は性別ではなく能力で選ぶべきなのは大前提ではありますが、それでも日本には女性の政治家が少なすぎるという意見が世界からは上がっており、与野党共にもこのままではいけないという問題意識を持っています。
ジェンダーの平等の観点から問題がある、女性の意見が通りにくいと有権者から思われてしまうリスクがある、性別による差別が行われているのではないかという有らぬ疑いが海外からかけられてしまうなど、政治においての男女の比率が極端に男性側に偏っているとデメリットが多いからです。
そのような理由から確定的ではないとはいえ、今後の日本は男性だけでなく女性の政治家を増やそうといった方向に進む可能性が高くなっています。
つまり今まで以上に男女の平等化、性別における賃金の格差などが促進されることが予想されております。

まとめ

育児支援や産休の取りやすさの改善策など、これから子供を産むことを考えている女性にとって嬉しい支援を施してくれるような政治家が増える確率が高いということなのです。
世の中の女の人にとって知っておいたほうがいい政治に関する知識の一つだと言えるでしょう。