新型コロナウイルスの感染拡大による募金活動について

新型コロナウイルスの感染拡大によって、その対応が長期化されている中で経済的に困難な状況が続いている方が増加傾向にあります。
住むところの確保ができなくなってしまった方や、働く場所を失って孤立を深めている方など様々な形で、今までの日常生活が過ごせなくなっているようです。
人々が孤立を深めてしまっている時にこそと、福祉活動を応援している助成事業では募金活動が行われています。

地域に住む子供たちや家族の生活環境が大きく変わる可能性も・・

今後も、感染拡大における緊急事態宣言の延長などがあれば、その地域に住む子供たちや家族の生活環境が大きく変わってしまい、その状況が長くなれば長くなるほど、生活が苦しくなっていくことが避けられなくなってきます。

全国の学校が臨時休校をとった際には、各地のフードバンク等の団体が、学校給食が亡くなったことで食事を取れなくなる子供たちの緊急支援活動を行っていましたが、このような経済的に困窮する子供を含めて様々な人々への、日本ユニセフ協会のような必要な食料を届けて支えるような取り組みを行うような所がないと、これからの未来ある子供たちの大切な命さえも脅かしてしまう危険性があります。

経済状況の悪化から職業を失ってしまったりするだけでなく、実際に飲食店を経営したりサービス業を行っていた方にとって、ステイホームと言って家から出ないで飲食店に関してもクラスター感染の危険から、ほとんどの家庭が自炊をして外出しない状態では、ますます経営が上手く行かずに収入が途絶えてしまいます。

参考・・・日本ユニセフ協会 怪しい

居場所を失ってしまった人々に対する支援活動

そういった状況から家庭内では虐待やストレスからの、ドメスティックバイオレンスなどが高まってしまい、家にいることが困難になってしまう若者たちが出てきています。
こうした居場所を失ってしまった人々に対する支援活動も行っている団体でも募金活動が行われていて、少しでもこうした弱者を救済していくことの大切さがわかります。
新しい生活様式ということで、ソーシャルディスタンスを保って日常生活において人との身体的距離を取ることが必要とされていて、今までであれば対面的であったことでさえも、オンラインなどで行われるようになっています。
会社などの会議に関しても、それに応じたオンラインで会議を行うようになっていて、今までのシステムからかなり違った形が主流になってきています。
ただし、オンラインの場合には、通信環境が整っていることが前提で行われるため、その環境が整っていない場合には、まず通信環境を整えるところから始めないといけません。
そうなると費用もかかるので、あらかじめ余裕のある家庭でないと、オンラインにすることにも支障が出ます。

通信機器がスマートフォンだけの場合は不便なことも多い

他にも通信機器がスマートフォンだけの場合は不便なことも多く、やはりパソコンなどがあったほうがより好ましいとされています。
仮にこの通信の環境が整ったとしても、通信障害や機器の故障などが起こった場合には活用することさえも出来なくなります。
通信に障害が起こってしまうケースとして、夏場であれば雷によって停電してしまったりする時などもあり、そういった自然災害によって起こる通信の障害は修復させるのに時異常気象と言われていますが、突然の豪雨や突風などが起こりやすくなっていて、自然災害における危険率も各地であがっています。
日本は特に地震大国と言われるぐらいに活断層もあるので、いつ大きな地震がどの地域で起こってもおかしくないような環境です。

特に南海トラフと言われている科学的に想定されている最大クラスの地震が引き起こされる可能性も年々高まっていて、もしもこの南海トラフが引き起こされてしまったら、四国にある県の一つが沈んでしまうかもしれないようなことまで言われています。

大規模地震と新型コロナの関係

地震だけでも大変なのに、この新型コロナウイルスというものがある為に、避難所などのスペース確保にも気をつけないと避難所でクラスターが発生してしまうと、その場所を全て消毒してしまわなくなって、その間に避難している方の住む場所がなくなってしまいます。
地震が大規模だった場合にも、避難所自体が確保できないのに、人同士が直接関わる事ができないだけでなく、日常品などを生産している工場までも災害にあってしまうと、新たに生産出来なくなってしまいます。
今までの生活から大きく変わってしまったからこそ、こういった災害の時にある程度の募金活動で集まったお金を利用して、人々の命を救う事が少なくとも可能になります。
災害が起こってしまってからでは集めることが出来ない確率も高いので、このような活動をしていくケースの場合は、なるだけ早めにある程度行っておいて、緊急時に使用できるようにしておく事が大切です。

まとめ

少しでも多くの命を救うことが出来るようになる為にも、多くの方々に理解してもらう説明のような活動もある程度必要で、今の新様式に変化した世の中だからこそ、人々が助け合って生きていくことが必要だという事を伝えていくことが一番大切なポイントとなるでしょう。