新東京グループの魅力や特徴など

最近の世の中の問題ではいくつかありますが、1つはゴミ問題と言えるでしょう。
この問題は、最近になって始まったことではなく1960年位からそろそろゴミの捨て場所がなくなるのではないかといわれていました。
当時日本では、人口が増加するとともにたくさんのものを消費する世の中になっていたためゴミの量がかなり増えたわけです。

ゴミ問題は実は環境問題と大きく関わっている

例えば東京都には、夢の島と呼ばれるゴミ処理場がありますが、人口の増加に伴いゴミ処理場も1つでは足らなくなりました。
しかしながら、ゴミ処理場を増やしたからといって根本的に問題が解決できるわけではありません。
なぜなら、ゴミ問題は実は環境問題と大きく関わっているからです。
分かりやすく言えば、地球温暖化にもつながるといわれているわけです。
例えば、ゴミがたくさん出た場合燃やして処理するケースは少なくありませんが、それにより環境の悪化がささやかれています。
そして、人間にとってあまり良いとは言えない物質を燃やしてしまうと大きな被害が出てしまう可能性があります。
これを防ぐためには、ゴミの分別が重要になるわけです。

新東京グループの役割

再資源

このゴミの分別を始めとして再生産や再資源化等を積極的に行っている会社の1つが、新東京グループと呼ばれる会社です。
この会社では、例えば汚れた泥などを再資源化することができるような仕組みを持っています。
工場などには大きな違いがあり、その機械を動かすことで汚れた泥をきれいにすることができます。
汚れた泥沼のままでは何の役にも立ちませんが、再利用できるようにきれいにすれば再び価値が生まれるでしょう。
それと同時に、ゴミが最小限になることが理解できるはずです。
これにより、大きなゴミ問題の1部は回避することができています。
それ以外では、ごみ処理に関しては処理能力がとても重要かもしれません。
いくら大量のゴミが出てそれを処理するノウハウがあったとしても処理能力がなければ意味がありません。

再資源化するにあたり処理能力を高めるための機械を導入

そこで新東京グループでは、再資源化するにあたり処理能力を高めるための機械を導入しています。
具体的には、汚れた泥を受け入れてそれを処理する能力は1日あたり600平方メートルと言われているほどです。
600立方メートルは、かなりの量と考えてよいでしょう。
昔ならば考えられなかったようなことが、現在ではできるようになっています。
ごみ処理をすると同時に、十分な環境に関する教育も施していかなければいけません。
会社の中にいる人たちには、そのようなことがしっかりと伝わっているはずですが、1歩外に出るとあまり環境問題に関心がない人がいます。
自分の住むところにもかかわらず、関心がないと言うのはまるで自分の部屋が汚染されているのに気がついていないのと同じです。
あくまで他人事と考えている人もいますが、そのような人に自覚をしてもらうため再教育を施すわけです。
とは言え、一方的に偉そうに教育をしても誰も話を聞いてくれないでしょう。

積極的に環境破壊なども問題を取り上げ改善する行動をとっている

環境破壊

そこでこの会社では、積極的に環境破壊なども問題を取り上げ、改善する行動をとっています。
それを多くの人に知ってもらうことにより、一人一人が関心を持ってもらう仕組みです。
あくまで、関心を持つのは強制的に行うのではなく、自主性を大事にしていると言えるでしょう。
例えば、小学生のうちにごみ処理工場の見学に行ったことがある人もいるかもしれませんが、教科書だけ読んでいても伝わらないものが、現場に来たときに伝わります。
これにより、具体的にどのような場所なのかを理解することができるかもしれません。
学校教育においては、小学校から中学校に至って環境問題の勉強に呼ばれることもあり、学校で講義をすることも少なくないでしょう。
学校以外でも、企業の中でそのような説明をしているケースも少なくありません。
例えば、食品工場では、できるだけ廃棄を出さないような仕組みを取るように説明をしています。

環境を保全するために太陽熱エネルギーに関する開発も行っている

そして実際に廃棄されるものがどのようになっていくかまで、1人1人の従業員に知らせなければいけません。
もしそれが再利用や再資源化されていれば良いですが、そのままゴミとして燃やさなければいけないとすれば非常にもったいないことです。
もちろん食べ物の場合には、賞味期限や商品があるため、それらを破ってまで再利用や再資源化を行う必要はありません。
しかし可能な限り一人一人が意識することで世の中を大きく変えるきっかけになるかもしれません。
環境を保全するために、太陽熱エネルギーに関する開発も行っています。
太陽のエネルギーとは、太陽光発電と言っても良いかもしれません。
太陽によって電気を作ることで、無駄な二酸化炭素を出さないようにすることが可能です。
一般的に電気を作る場合には、二酸化炭素が発生してしまいます。
これにより、地球環境の悪化が早まるでしょう。

まとめ

ですが、胃酸過多数の発生を防ぐ自然を利用すれば、それだけで地球環境に優しく自分たちにとっても住みやすいでしょう。
太陽光で作った光は、そのままでは使うことができません。
太陽光を電気として使うための装置を入れてそこで家庭用の電気に変換するわけです。